チェンソーアート競技大会IN東栄2013

毎年東栄町で開催されている、チェンソーアート競技大会に参加しました。東栄町で開催されるようになり、今年で13年目。裕樹さんは、今回で3回目の出場となります。
全国から約40名の選手が参加しています。
5月25(土)・26(日)に第13回 日本 チェンソーアート競技大会IN東栄2013が開催されました。

25日はクイックカービング
「日常使用できるもの」とういうテーマで、制限時間60分で作品を仕上げます。
裕樹さんは「天使の花台」というタイトルで、エンジェルフィッシュを施した花台をつくりました。
バランスがよく、模様も細かくて、とても素敵な作品です。
quick40-seisaku.jpgquick40-kansei.jpg

25日はスーパースピードカービングバトル
制限時間30分で作品を仕上げます。選抜された選手のみが出場することができます。
選抜された7名の選手の中に、なんと裕樹さんが選ばれました。すごい!!
quick30-seisaku.jpgquick30-kansei.jpg

25日、26日メインカービング
25日に2時間、26日に2時間の制限時間4時間で作品を仕上げます。
初めて出場した時からの裕樹さん自身のポリシーで、「陰と陽」を作品の中で表現しています。
タイトルは「☾月と太陽☀」
月と水、太陽と土(岩)を表現しました。作品が2つになっているので、1つの作品と比較すると迫力に欠けてしまったのかなぁ?と思っています。
でも、デザインは素敵だと思います。
フクロウ、コイ、リスの部分はバーナーで焦がして、色づけして仕上げました。
main-seisaku.jpgmain-kansei.jpgmain-siage.jpg

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント