大工小林三男 加藤恵吾 技能グランプリ入賞

加藤建技の棟梁 加藤恵吾(大工小林の三男)が第27回技能グランプリ「建築大工」部門にて、2位入賞という見事な成績を収めました。
技能グランプリは、熟練技能者が技能の日本一を競い合う大会で、出場する選手は、特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士であり、7年以上の実務を経験した熟練技能者です。
技能グランプリは年齢に関係なく、熟練技能を競う文字通り全国規模の技能競技大会であり、厚生労働省及び中央職業能力開発協会、社団法人全国技能士会連合会の共催により開催しています。
大会の優勝者には、内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞などが贈られます。
技能グランプリは、特級、一級及び単一等級の技能士の技能の一層の向上を図るとともに、その地位の向上と技能尊重気運の醸成に資することを目的に、昭和56年度から開催されています。
第27回技能グランプリは、2月22日から25日千葉県の幕張メッセを会場に開催されました。
2位入賞という結果を収め、新聞にも掲載されたり、県庁へ表敬訪問したり、穂積新城市長と対談したりと、とても話題になりました。
大工三兄弟からこのような名誉を収めた恵吾の存在は、兄弟としても自慢であり、誇りです。
これからの活躍を期待しています!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント