大工小林の次男司・春子様邸新築工事開始

大工小林の司さん、春子さんの新築工事がスタートいたしました。
昨年末から裕樹さんと打合せをして、プランを作成してきました。子ども達の意見も聞きながら家族全員の想いを、マイホームに込めました。
7月29日に工事の無事を祈って地鎮祭を行いました。いよいよ工事が始まります。
地盤調査を行い、DSP工法により地盤改良工事をしました。
現場の土とセメント系固化材タフロックを直接混合して中層地盤を改良します。DSP工法には、以下の利点があります。
①工事に水が不要
②俳土が少ないので経済的
③改良効果が早期に得られる
④高い止水性
⑤狭い場所でも可能

地盤改良工事が終了すると、基礎工事に着工です。
「土台を固める」と言いますが、家の土台となる基礎工事はとても重要なものです。
もっとも丈夫とされている、ベタ基礎工事を行います。ベタ基礎は、家を鉄筋入りのコンクリート板の全面で支えるので、軟弱な地盤の上でも、家を支えることができて、万能の基礎とされています。不動沈下しにくく、シロアリの侵入を防ぎ、防湿性に優れています。
8月29日(水)30日(木)には建て方・上棟を行います。
30日(木)には、もち投げを行う予定ですので、ぜひ拾いに来てください。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント