育児日記 第31回

我が家の長男(けんと)は小学4年生です。最近反抗期の兆候が見られるようになりました。
基本的な今までの性格は、学校では人前でも発言できる利発的な子、家では甘えん坊でマイペース型の性格です。
鼻歌まじりで学校から帰宅したかと思えば、「宿題やってね」のお母さんの一言に態度一変。
イライラモードで準備。「なんで部活で疲れているのに、宿題なんかあるの?いい加減にしてくれ!」最近では言葉遣いも、急に変わってきました。
かと思えばオヤツを食べながらご機嫌ムードで、今日学校であったおもしろい話をしてくれたり・・(アレ?さっきあんなに怒ってたのに何コレ?)という感じで、上がったり下がったり。
学校で1日の生活を終え、さらに部活動をして帰ってきます。学校では周囲にも常に気を遣っているだろうし、けんとも疲れているだろうなぁと思います。家では甘えたり、発散したりしたいよね。
反抗期は心の成長の過程だと思います。だから反抗期がくると自分にもそんな時期があったなぁと懐かしく思います。まだまだ体は小さいのに、自己を探して一生懸命なんだなと思います。自分と向き合う時期って、とても不安定なんですよね。周りに攻撃して発散したり・・・。
でも、一人でもイライラしている人がいると、なぜかイライラが移ってしまうんですよね。親として、子供の成長に対して常におおらかな気持ちで、いたいものですね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント