育児日記 第30回

我が家の三男(みずき)は現在保育園の年長です。みずきには自分をコントロールすることができない発達障害があります。みずきに発達障害があることがわかってから、3年半ほどが経ちます。山吉田保育園、新城市民病院の言語指導、豊橋こども発達センター、保健センターなど、様々な方からご指導いただきながら育児をしています。
みずきの発達障害のことを本で調べ、薬でずいぶん緩和されることを知りました。6歳から飲むことができます。6歳まで乗り切れば、あとは何とかなると思って、今まで頑張ってきました。
後1か月でみずきは6歳になります。医師に薬について相談したところ、薬としては8時間程しか効き目がないこと、すべての人に効果があるわけではないことなど、具体的に教えていただきました。発達障害について書かれている本には、薬を飲んだことで、トラブルが激減した実例ばかりが書かれていて、医師の話と、本で読んだ知識に差があり、すごくショックを受けました。
未だに朝、みずきを保育園へ送り出すのに着替えさせてあげています。怒れると家族に対して、手や足が出てしまいます。普段は思いやりがあって、優しい子なのですが・・・
でも、大人だって感情のコントロールって難しいですよね。私も感情のコントロールがまだまだ甘いので、みずきと一緒にちょっとしたことで怒らないように、頑張ろう!!これで、夫婦げんかも減るかなぁ?

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント