育児日記 第8回

やってきました。二男(そうま)の大好きな虫が出る季節です。テントウムシ、いもむし、バッタ、カブトムシ、クワガタムシ、カナブン、カニ、ホタルなど・・・。虫なら何でも大好き!!どんな虫でも手で触っちゃう。見てるお母さんの方が、ビビっちゃう。そうまは昆虫博士です。この昆虫博士、マイペースなので、けんととみずきが一緒に遊んでいても、草むらで一人でバッタを採っていたり、網を持ってトンボ採りに出かけてしまったり、違う行動をするので、困ってしまいます。
何よりも、トンボ採りに出かけたり、せみ採りに出かけたりする時、必ず捕まえるまで帰ろうとしないので、本当に困ってしまいます。「今日は用事があるからこれでおしまい。また明日採りにいこうね。」と言っても、言うことを聞きません。『1匹捕まえたから、もう大丈夫!』お母さんが心の中で思っていると、「そうま、あともう1匹捕まえたいなぁ」と言い出します。きゃぁ~!!あと、もう1匹捕まえるまで帰れないよぅ~。本当に、虫が大好きなそうま。この気持ちだけは、誰にも譲ろうとしません。みんなで飼っているカメも、カブトムシもそうまのもの。他の人が触ると怒ります。
昆虫博士を目指して、日々虫たちと仲良くしています。でも、兄弟でも仲良くしてね❤ ただ、難点は飽きっぽいんです。最近カメのお世話をしなくなりました。好きなものを独り占めしたい気持ちはわかるけど、他の人が虫を触っても怒らないように、みんなの都合で行動できるように、譲ることを覚えさせていきたいと思います。あと、飽きっぽいところも直そうね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント