育児日記 第27回

我が家の三男(みずき)は現在保育園の年中です。みずきには自分をコントロールすることができない発達障害があります。
みずきに発達障害があることがわかってから、2年半ほどが経ちます。
山吉田保育園、新城市民病院の言語指導、豊橋こども発達センター、保健センターなど、様々な方からご指導いただきながら育児をしています。
保育園では、自分の感情を我慢をしているようですが、家ではまったく我慢ができません。
親として「少し落ち着いてきたなぁ」と思ったのもつかの間、最近少し荒れている様子で、親や兄弟に対する暴力が増えてきました。保育園の支度もできなくなり、今は毎朝着替えさせてあげています。保育園に行く気分になれず、保育園がすでに始まっている時間になっても、園服を着たり、カバンを持つことができません。今までできていたことが、気分次第でできなくなってしまうので、兄弟と比較すると、子供の成長を実感できる場面がとても少ないのが事実です。
むしろ、成長を喜ぶより、他の子にできて、みずきができないことに、ショックを受けたり、落ち込んだりすることの方が多いです。でも、みずきには他の子にはない、とてもいいところもあります。とても根が優しい子なんです。(いつも優しい訳ではありませんが)欠点は誰にでもありますが、そこを直そうとするよりも、親として長所を伸ばして、欠点をカバーしてあげれるように、手助けできたらいいなぁと思います。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント