育児日記 第91回

我が家の次男(そうま)は4月から中学1年生になりました。どの部活に入部しようか迷っています。
今のところバレー部に仮入部しています。中学3年生の兄のけんとの勧めもあり、
「面白くて、いい先輩ばっかりだよ」
との言葉に、入部を決めた様子です。本人は身長が低いので、
「バレー部でついて行けるのかなぁ?」
と心配している様子ですが、部活を終えたそうまに「部活どうだった?」と聞くと、「楽しかったよ」と答えるので、親として安心はしています。
小学校の時は「学校どうだった?」と聞いても「別に」としか、返答しませんでしたが、「部活の最後に先輩たちがスパイクした球を1年生全員で受けて、怖かった」と、部活の様子まで教えてくれました。
他のお母さんから、そうまが1年B組の学級委員になったことを聞きました。
そうまに「そうまって学級委員なの?」と聞くと「そうだよ」「みんな誰もやるって言い出さないから、推薦する人はいますか?って先生が聞いて、同じ小学校の航君が、小林そうま君がいいと思いますって言ったから、やることになったの。僕1年生のリーダーだよ。他の学校の子がやりんって言ってきたから、僕リーダーになった」っと、淡々と語りました。
えーっ!!そうまって人前に出ることが平気なんだ?親としてビックリです!! 
そうまは保育園の時、とても内向的で恥ずかしがり屋で、先生にトイレに行きたいことや、お茶をこぼしたりしたことが言えず、代わりに友達に言ってもらっていました。保育園に行っても、一言もしゃべることなく、家に帰ってきていたと思います。そのそうまが、こんなにも変わるなんて!本当にビックリ!!
私は、大人になっても人前に出ると緊張しますが、そうまは緊張しないのかなぁ?不思議です。
スケートの宇野昌磨選手がオリンピックでも緊張しないと言っていたのが印象的でしたが、今どきの子は、何事にも緊張しない子が増えているのでしょうか?

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント