育児日記 第24回

我が家の長男けんとは小学3年生です。けんとはテレビゲームが大好きです。放っておくと、一日何時間でもゲームをやり続けています。
ゲームをクリアするためには、攻略本が必要です。攻略本はとても厚く、800ページに及ぶのもまであります。ゲームのために、この攻略本を真剣に読んでいます。
トイレに入るときは、必ず本を持って入ります。自動車に乗るときも、必ず本を持っていきます。ゲームのできない暇な時間は、ずっと攻略本を読んでいます。持っていないゲームでも、友達が持っていたり、興味があるゲームの攻略本も読みます。あまりにも厚い本を、次々と読み終えていくので、
『きっと絵を見ているだけだろう』
と思って
「本当に読んだの?」
とけんとに聞いてみました。けんとは
「読んだよ。お母さん問題出して」
と言いました。問題を出すと、それが本のどこに書かれていて、どんなことが書いてあるのか、ズバリ言い当てました。
「僕、覚えたもん」
すごい!けんとって天才!!
学校の教科書は全然覚えられないのに、なんでゲームは覚えられるの?この才能、勉強に生かしてくれたらなぁ❤
子どもは可能性を秘めていて、見ていると楽しいですね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント