育児日記 第41回

我が家の三男(みずき)もついにこども園を卒園いたします。
みずきは未満児から入園したので、5年間こども園に通いました。
長男の入園の時から、こども園にお世話になっているので、合計すると7年間のお付き合いになります。
7年間お世話になったこども園を離れることが、何だかとても寂しいです。

長男(けんと)はこども園に行くことが嫌で、最初の2か月間は毎日泣きながら通っていました。
車からも降りないので、私が抱きかかえて先生のところまで連れて行ったものでした。後に「お母さんと離れるのが嫌だった」と言っていました。かわいいなぁ❤

次男(そうま)は、お兄ちゃんがいる安心感があったのか、ぐずることなくこども園に通うことができました。当時はとても内気で先生に言いたいことが言えず、周囲のお友達に代わりに伝えてもらっていました。

みずきは入園して間もなく、お友達とのトラブルが頻繁にあり、発達障害があることが分かりました。
こども園の先生方に相談したり、こども発達センターに通ったり、保健センターの先生に相談したり、市民病院の言語指導に通ったり、おおぞら園にも通って、みずきの育児を支援していただきました。いろんな出来事がありすぎて、思い出いっぱいのこども園、本当にお世話になりました。お世話になった先生方、ありがとうございました。
こども園は送り迎えがあるので、お母さんたちとの交流が持てれることが、いいですよね!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント