育児日記 第38回

我が家の長男(けんと)は小学4年生、次男(そうま)は小学2年生です。けんとは小学2年生の2月から、そうまは小学1年生の2月から、山吉田少年野球チームに所属しています。
親としても、チームスポーツを通して、体力の向上はもちろん、礼儀を覚えたり、上下関係を覚えたり、チームで勝つ喜びを覚えたりしてほしいなぁという望みを持って、入団させました。
「好きこそものの上手なれ」と言いますが、けんととそうま二人とも、失敗して監督やコーチから注意されることが怖くて、野球の練習を楽しんですることができません。失敗を恐れるのではなく、友達と一緒に取り組むことの楽しさに早く気付いてほしいなぁと思うのですが・・・
山吉田は人数が少ないので、5、6年生が試合に出場します。必ず試合に出場する状況にあるので、一生懸命覚えよう、少しでも今より上手になろうと思って練習すればいいのに、いつもイヤイヤ練習に行っているので、上達も遅いです。気持ちを切り替えるだけで、すごく気が楽になると思うのですが。
けんと、そうまに言い聞かせても、なかなか理解できない様子です。どちらかというと、ネガティブ思考の我が家の子。ポジティブ思考に切り替えられるといいのに。いろんな思いを経験して、親として、精神面で成長してくれることを願っています。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント