手作りペン

木工旋盤という機械を使用して、ペン(ボールペン、シャープペンシル、万年筆など)を作ります。
使用する材料は、木の他に、アクリル樹脂があります。
形は、作り手の感性によって様々な形のペンを作ることが可能です。

住宅の設計・住宅の建築・チェンソーアート・デッサンを通して培った小林裕樹の感性が、キラリと光るあなたの心にヒットする作品を作ります。

ペンの注文・販売を行っています。興味がある方は、お問い合わせください。

木工旋盤とは
木材を加工するために必要とされている機器類は多く、電動工具に分類されているものも数多く用意されています。その中には木工旋盤と呼ばれているものがあり、丸鋸やジグソーのように断面を直線状にカットを行うことではなく、曲面に木材を形成することに向いているものになります。その構造としては、陶芸などで利用するろくろに似ている内容を持っており、ろくろの場合では、利用する素材を地面に対して水平に設置することになりますが、木工旋盤の場合では地面に対して木材を垂直に設置する方法によって回転させることを目的にしています。木工旋盤自体は、基本的には回転させることを目的にしているために、作業自体に関しては利用者が自ら削り取る作業を行うことになり、高い自由度を持っている作品作りに役立つことになります。
DSC_0150.JPG

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント