新城市大野M様邸 屋根葺き替え工事

築30年を超えた新城市大野のM様邸、数年前の大雨の際、下屋根より雨漏りが発覚しました。
ご主人様が屋根に上がり応急処置をされて、雨漏りが収まりました。
しかし不安がぬぐえず、大工小林にご相談をいただきました。
そして大東瓦工業さんに見てもらったところ、「下屋根よりも2階の大屋根の方が気になる」との回答でした。
現在の状態としては、
①瓦の列、通りが斜めにずれていました。
②瓦を数枚剥がすと下地の土がサラサラで砂状になっていました。
土葺きの瓦屋根の場合、多少の雨などは土が吸って晴れれば土が乾くのですが、大雨だったり、冬場土が凍ったりする状態が長年続くと、経年劣化を引き起こし、今回のような①と②の状態に至るのです。
工事の内容も下屋根部分だけと全体(上屋根と下屋根部分)の2種類を見積もりました。足場をかけたり、手間暇や、将来のことを考えると、全体の工事の方が、安心でお得だということになりました。
既存部分の当初の施工が良かったこともあり、小屋組(木部)の補修は板を数枚張り替える程度で済み、費用も抑えられました。また、大屋根には30年以上使用している太陽光温水器があり、そちらもついでだからという事で、新しいものに取り替えました。屋根は建物を雨から守る大切な役割をしています。役割が大きいだけに、特にメンテナンスを心がけたい部分ですね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント