新城市上吉田I様邸 お蔵床張り工事

新城市上吉田のI様邸にて、古い家を取り壊すことになりました。
その家に大切な品物を保管してあったため、品物を移動することになりました。移動先のお蔵の床が所々傷みがあり、一度見てほしいとのご依頼をいただきました。

お蔵の内装は経年劣化や、虫食いの影響がありましたが、骨組みはしっかりとしていたので、現状の床の上に床下地を組んで、念には念をいれる意味で防虫防腐剤をしっかりと塗りました。
物置として利用することもあり、強度と経済性を考慮して構造用合板をはりました。
これで大切な品物も安心して保管することができますね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント