豊川市K様邸防水工事

K様との出会いは、リユース住宅(中古住宅)のリフォームのご依頼からでした。内装を中心にお手伝いさせていただきました。
今回は今年の梅雨時期、大雨が降った日にバルコニーの下のテラス天井から水滴がポタポタと落ちてきました。「あっ、雨漏りしてる」ということで、大工小林にご相談をいただきました。まず、最初に雨漏りの原因を調査します。アルミ製のバルコニーの床をめくると、下に金属板の下屋根が見えました。さらに、よく見ると排水用のドレーン(落口)にゴミが詰まり、水が溢れている状態だとわかりました。これは、バルコニー床に点検口がないため、今まで掃除できなかったために起こりました。今後も点検と掃除ができるように、テラスの軒天上に点検口を設け、バルコニーの床にもドレーン(落口)上部に掃除口をあけました。さらに、下屋根の金属板が20有余年ということもあり、防水塗料も塗りました。これで、また家が長持ちします。
ニュースレターの応募券を使用して、リフォーム工事を5,000円値引きさせていただきました。応募券を集めてくれて、ありがとうございました!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント