磐田市K様邸つるし雛用飾り棚作成

K様の奥さまは、とっても器用で物を作ること大好きな方です。大勢の生徒さんにつるし雛を教えている先生でした。残念なことにお亡くなりになってしまい、「今手元に残っている細工物をずっと大切に保管しておきたい」とのご家族の思いから、大工小林につるし雛の細工物を飾っておくための棚をご依頼していただきました。本来紐で繋げるのですが、作成途中となってしまったため、細工物が単品になってしまいました。棚を取り付けた直後に、細工物を飾っていただけたほど、喜んでもらえました。ご家族を思いやる気持ちに、大工小林も心が熱くなってしまいました。
tusushihina.jpg

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント