新城市N様邸畳入れ替え工事

新城市にあるN様邸、畳が所々ブカブカするので、見てもらいたいとの問い合わせがありました。畳をめくると、部分的にシロアリが床板や畳の中に入り込んでいました。シロアリに食べられた板を外し、部分的に食べられている所を取り除いて、剥ぎ木をします。床の板を支える根太(ねだ)もシロアリの被害のひどいものは折れてしまったので交換しました。10帖と6帖の二間分の畳は、4枚はシロアリによる被害のため作り直し、12枚は畳の表替えを行いました。きれいな畳は香りもよくて、気持ちがいいですよね。

畳ミニ知識
畳ってどれくらい持つかご存知ですか?
新品の畳を入れてから約5年程したら、「裏返し」(一回ゴザを剥がして、裏面を表にして縫い直しを行います)を行うと、新品の状態になります。この状態から、さらにゴザが破れるまで使用し、ゴザが破れたら、「表替え」(ゴザの部分とヘリの部分を新しくします)を行います。1枚の畳床は20年は使用できるんですよ。長い目で見ると、カーペットを敷くより、畳のほうがお得なんですよ!!畳はいい香りで心を癒してくれるし、畳の上でゴロンと寝ると夏は涼しく、冬は暖かくて気持ちいいですよね!今の畳は、ダニの心配もいらないので、扱いもお手軽です!畳の色も選べるんですよ!!
tatami.jpg

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント