新城市上吉田集会所トイレ改修工事

 大工小林の地元である新城市上吉田の集会所に設置されているトイレは、ぼっとん式の和式トイレで、ずいぶん古いものです。最近では和式トイレが減少していることもあり、和式トイレでできない子供たちも増えています。そして、穴が開いているため、子供にとっては恐怖を感じます。大人にとっても、衛生面で不安を感じるため、集会所のトイレがあっても、使用する人はほとんどいません。ギリギリまで我慢するか、一度家に帰るという方もいらっしゃいます。
 そこで市の補助金を活用して、トイレの改修工事を行い、汲み取り式であったのを、浄化槽を設置して水洗式に替えることになりました。お祭りや納涼祭など、お宮で行事があるたびに、トイレに悩んでいたので、改修工事が行われることは、とても嬉しいことでした。
 今回段差をなくしたバリアフリーにして、手すりも設置いたしました。ご年配の方々にも安心してお使いいただけるようになりました。もちろん、お子様も安全にトイレを使用することができるようになりました。
 間取りも変更して、キッチン部分を狭くして、トイレの部分を広く取りました。今まで小便器・和式トイレ1つずつであったのが、小便器2つ、洋式トイレ3つに増設いたしました。使用したい人が重なった場合でも、安心です。
 納涼祭で、「トイレがきれいで気持ちよかった」「安心してトイレを使用できるようになった」など、多くの方から感想を言ってもらえて、とても嬉しかったです。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント