新城市豊栄I様邸 和室リフォーム工事

新城市豊栄のI様邸にて和室のリフォームを行いました。I様とは以前古民家のリフォームでお世話になったN様のご紹介でお話をいただきました。今までお母様が生活していた8畳の和室をこれから奥様の寝室として使いたいということで計画しました。
床は畳からI様ご希望のサクラのフローリングに変えました。畳下の板を残すことで、床下の湿気を抑え、床も丈夫さが増しました。壁はポロポロ落ちやすい繊維壁からジュラクに塗り替えました。色も床に合わせて落ち着いた雰囲気となりました。
押入れは中段を取り払い、全面に杉板を貼りました。杉板を貼ったことで調質性が良くなり、棚やパイプを取り付ける際にも、ビスが効くようになります。
窓はYKKの樹脂性内窓を取り付けて、断熱性と防音性が上がりました。ウッドデッキはお手入れも楽で長持ちするウッドデッキを採用しました。木目調の横格子手すりを取り付けたので、手軽にお布団を干すことができます。和室が快適な洋室に生まれ変わりました。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント