大工小林(自宅) 内窓設置工事

省エネ住宅の勉強をすると、窓がかなり重要であることが分かります。
実は窓は、熱の出入りが一番多い場所なのです。
省エネというと断熱材をイメージしがちですが、断熱材をいいものに変えるのではなく、窓の断熱化をすることによって、住まい全体が屋外の寒暖の影響を受けにくくなり、冷暖房の効率が向上するのです。 窓の断熱で暮らしが快適になるとともに、大きなエコ効果をもたらします。
本来なら、我が家の全室に内窓を設置したいところですが、窓は高額であるため、家族で長く過ごすリビングと寝室に内窓を設置することにしました。
窓の設置工事をしたのは9月上旬でした。まだ暑い中、毎日2重に窓を開ける手間があり、本当に効果があるのかなぁ?半信半疑でした。
レールが増えたことで、掃除機がかけにくく、お掃除も手間で、あまりありがたみがありませんでしたが、秋が過ぎ、冬になり、寒波が来たときには、内窓の効果のすごさにビックリ!!今まで、寒いところで生活していたことに、驚きました。
内窓はリビングに5か所、寝室に2か所、計7か所に設置しました。値段は約70万円ほどです。
朝、内窓を開けると、冷気が部屋の中に入ってきます。えっ!今までこんなに寒いところで生活していたの?と驚きました。さらに外窓を開けると、外気温の寒さを実感します。
内窓を設置したことにより、冷暖房の効果がとても実感できるようになりました。今までエアコンや暖房器具の効果を実感できるまでに時間がかかりましたが、内窓を設置したことで、短時間で効果があることを実感しました。また、暖房を切った後でも、その効果の持続性を実感できます。
実際に体験してみないとわからないことですが、内窓の効果ってすごいです!!コストは高いですが、その効果はコスト以上のものがあると思います。個人的に内窓を設置して良かったなぁと思っています。家が寒いなぁと思われる方は、思い切って内窓を設置してみてはいかがでしょうか?
その絶大な効果をすぐに体験できますよ。
ただし、一つだけ欠点があります。窓掃除が2倍に増えることです。でも、家の中の窓なので、外窓のように汚れることはありませんから、運動量が増えたと思って、お掃除を楽しんでいます♪♪

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント