新城市旅館ひさご様 男湯脱衣場の板張り

脱衣場の木目柄クロスの壁を三河杉の羽目板張りにしました。見た目も良くなり、湯気の多いところなので木の調質効果が期待できます。もともとタイルの壁だった岩風呂の洗い場は、全面杉皮張りの仕上げとなっています。しかし、長年湯気にさらされて、下地の木がひどくいたんでいたため、下地の交換と、部分的に杉皮の張替えを行いました。天井換気扇の枠から落ちる水滴がちょうど背中に落ちるので冷たいという声があり、つり天井を設けて水滴が落ちてこないように対策をしました。また、天井の小丸太を支える桁の給湯口の上は腐敗していたため交換いたしました。一見丸太に見えますが、アルミの角材に丸板を貼ってあります。いずれ板が腐敗しても、交換できるようにしました。



知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント