新城市上吉田S様邸 ベランダ工事

新城市上吉田のS様邸にて、「ベランダの壁のペンキが剥がれてきたので見てほしい」とご相談をいただきました。
塗料を剥がして調査すると、壁の内側で結露を起こして濡れていました。
原因は、内側の水分の逃げ場がなくて、内側から塗料を押し出してしまって剥がれてきたようです。そこで、壁の下地がもともとアスファルトルーフィングで、透湿しない素材であったのを透湿防水シートに張り替え、下地で通気層をつくり、壁内が湿気を起こしにくいつくりにしました。
外壁は外から見て目立つので、気を使いたい部分ですね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント