新城市下吉田N様邸 倉庫屋根替え工事

新城市下吉田のN様邸にて、倉庫の屋根替えと物干し場建て替え工事を行いました。
何十年も家の物を保管してきた倉庫の屋根は、瓦葺きで長年の風雨により、瓦にずれ等が生じていました。おじいさんが調整をしてくれたものの、部分的に雨漏りがあり、屋根の限界が来ていました。
今回は本体の骨組みがしっかりしていたので、野地板(屋根の下地)を一部交換して、防水シートを敷きガルバリウム鋼板の小波板で葺きました。従来のトタンの3~5倍の耐久性があり、価格も瓦葺きよりもお値打ちになります。また、瓦よりも軽い屋根になるので地震対策にも有効です。
ガルバリウム鋼板には、以下のメリットがあります。
①高耐久性・・・塩害地域で15年、それ以外で25年の耐久性があります。
②高熱反射率・・・亜鉛鉄板と比較して太陽光(太陽熱)を反射しやすく、表面温度・屋内温度も高くなりにくく断熱負荷を軽減できます。
③高耐熱性・・・アルミめっき鋼板に近い耐熱性を持っています。
④地球にやさしい・・・クロメートを一切含まない(クロメートフリー)特殊皮膜を付与した化成処理を施しています。
倉庫には物干し場の屋根が付いていました。この屋根はポリカーボネートで劣化が激しく、パキパキに割れてしまう状態でした。桧の9㎝角を利用して、物干し兼収納棚(6段)を建てました。洗濯物を干すだけでなく、さらに物を収納することができるようになりました。現在、板金屋さんの材料入荷待ちで、材料が入り次第、物干し場の屋根にポリカーボネットを張り、側面にガルバリウム鋼板を張って完成になります。これで、突然の雨でも安心して洗濯物が干せるようになります。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント