新城市M様邸 屋根裏収納

1年前、水廻りとキッチンをリモデルさせていただいたことがきっかけで、今回の工事も「頼むのなら、大工小林で!」と、ご依頼をいただきました。収納を増やしたいということで、屋根裏部分に収納を作ることにしました。
施工前の屋根裏は無断熱の状態で、特に夏場熱がこもりやすく、収納として使用するには、物が劣化しやすいため、熱の影響を解消するために、断熱材(アイシネン)を施工しました。吹付けの断熱材により、隙間なく充填できるため、気密性がより一層アップします。床を張って、収納として工事を進めていくうちに、隠し部屋としても使いたくなりました。お客様の使い勝手がいいように工事を進めながら、いろんな意見を取り入れました。まさに、お客様と大工が共に造るリフォームです。
現在では、お孫さんの秘密基地として使用しています。熱がこもらないので、夏場エアコンがなくても、扇風機ひとつで快適に過ごせます。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント