豊橋市野依台K様邸 リモデル

豊橋市野依台のK様邸にてリモデルを行っています。K様邸は築20年以上の家を中古住宅として購入し、奥様の強いご要望で『和風の家を今どきのおしゃれな感じにかわいくしてほしい』ということでご相談いただきました。
7月に着工し、外観を一新いたしました。まず、和瓦を地震台風に強い防災機能のある、見た目もスッキリとした平瓦に葺き替えました。次に、外壁工事を行いました。既存のサイディングを剥がさずに、外壁を重ね貼りするカバー工法により、ガルバリウム鋼板を貼りました。カバー工法を行うことで、工期を短縮し、ごみを出さず、コストを削減することができます。また、サイディングは10年おきに塗替えが必要となりますが、ガルバリウム鋼板は、塩害地域で15年、その他の地域で25年の耐久性があるため、メンテナンスが少なくて済みます。
引き続き、外観工事と並行して、水廻りのリモデルを行いました。冬が冷たく、寒く感じるタイル張りの浴室から、清潔で、明るくて、床が冷たくなくて、お湯が冷めない、暖かい、浴室乾燥機付きのシステムバスに入れ替えました。住みながらのリモデルということで、工期短縮を考慮して、既存のタイルそのままでも施工できる、セミオーダーのシステムバスを選定いたしました。
洗面室は、玄関廊下からの出入りだったのを、キッチン側からの出入りへと動線を変えることで、来客時にもプライバシーが確保できるように配慮いたしました。壁、天井のクロスを張り替え、洗面化粧台も新調し、明るい雰囲気にしました。
建築当初のシステムキッチンも新しく入れ替えました。食洗機付きのシステムキッチンにしたことで、以前より収納量がアップ、家事効率もアップ、見た目もアップしたことから、奥様もニッコリです。
ダイニングキッチン(8帖)、リビング(8帖)をご家族様(ご夫妻、元気な男の子3人+猫)がのびのびと生活できる開放感がある空間へと変更いたしました。ダイニングキッチンとリビングの間仕切りを一部解体し、カバー工法により、既存の床の上に新しくフロアーを重ね貼りし、2間続きの16帖のLDKにしました。家族みんなが集まって、くつろげる空間へと生まれ変わりました。これからは、家族のだんらんもより一層はずむことでしょう。玄関側の廊下にあった階段も、間仕切りの位置を変えて、リビング階段へと変更しました。広くなったLDKで心もゆったり。リビング階段は、どの部屋へ行くにも、家族が必ずリビングで顔を合わせることで、部屋もつながり、家族の心もつながります。
今後外部工事を行い、ウッドデッキ、物干し場スペース、外周木塀を行います。9月上旬に完成する予定です。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント