新城市N様邸リモデル

新城市のN様より、「居間、客間として使っている畳の部屋の床がブカブカしていて、お客様を部屋に通せない状態なので、見てほしい」とのご依頼をいただきました。
原因を調べたところ、畳下の支えが老朽化してきていました。
そこで、畳下の支えを補強しました。
壁も古くなってきたので、貼り替えを行いました。
広縁の床も、現状の床板の上に新たな床板を重ね張りしました。重ね張りすることにより、強度が増し、断熱性もアップします。しかも、解体の手間を省き、産廃物も出さないので、コストが削減でき、早い工期で仕上げることができます。
その他にも、障子戸が、敷居がすり減ってきてしまったために、傾いていたので、敷居の補修を行いました。また、屋根雨樋が傾いていて、雨水がこぼれてしまうので、調整を行いました。
「ちょっと見てもらいたいんだけど・・・」そんな家に関するお悩みを、お気軽にご相談くださいね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント