浜松市奥山S様邸 バリアフリーリモデル

介護が必要となったご家族様のために、ケアマネジャーのご指導のもとプラン作りを進め、生活動線のメインとなる廊下の段差解消工事、バリアフリー工事を行いました。
部屋と部屋の仕切りにある敷居が約3㎝上がっていたので、廊下に構造用厚板合板を敷いて、さらに仕上げのフロア材を張り、廊下の高さを3㎝上げました。
それから、トイレに立ったり座ったりしやすいように、トイレの便座前の壁に手すりを付けました。
玄関も40㎝弱の段差があったので、段差を上り下りしやすいように手すりを取り付けて、さらに段差を少なくするために式台(上がり台)を設けました。
家は、住む人が住みやすいように、手直しをしてあげることで、快適になります。
「こうだったらいいなぁ」を実現してみませんか?
もっと生活が快適になりますよ!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント