三ヶ日町J様邸 沈下修正工事

三ヶ日町J様邸にて、地盤沈下修正工事を行いました。J様邸は最大リビングで7㎝の高低差がありました。一般住宅における地盤沈下のほとんどの原因は、安定した地盤の上に新しく盛土した土の締め方が甘いために起こるそうです。本来、新しく盛土したら、数年間かけて土を締めると良いそうです。
現在新築される場合は、地盤調査を行い、必要に応じて地盤改良工事を行っているので、地盤沈下の心配はございません(^O^)
地盤沈下修正工事は、以下のような手順で行います。
まずは配管を掘り出してジャッキを設置してジャッキアップします。
そしてトンネルや縦穴を採掘してモルタル(コンクリートとほぼ同じ)を注入し、完了しますと、外構部分を復旧して整地となります。工事の準備から始め、綺麗に清掃して終了するまで、一般のお住まいでは3週間程度かかります。
再沈下の心配がなく、仮に再沈下しても10年保証が付きますので、安心です。
お住まいにはご入居されたまま工事をすることができますので、引越等のお手間も掛かりません。
映画「大脱走」のごとく、家の下に見事なトンネルが掘られます。重機を入れることができないため、まさに手掘りで行われます。沈下修正工事によりJ様邸は7㎝あった高低差がわずか2㎜以内にまで修正されました。すごい!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント