新城市下吉田T様邸 床張り工事

新城市下吉田のT様邸にて、「毎日歩く床の一部がブカブカするので、見てほしい」とのご依頼をいただきました。
床は重ね張りで、現状の床板の上に新たな床板を重ね張りしました。重ね張りすることにより、強度が増し、断熱性もアップします。しかも、解体の手間を省き、産廃物も出さないので、コストが削減でき、早い工期で仕上げることができます。
T様邸は、ご自身の山から切り出した柱を使って建てた思い入れのある家で、今年30周年を迎えたそうです。以前、床下を見せていただいた際、床下の風通しがよく、骨組みも丈夫でした。T様は、大工小林にとってお馴染みの方で、メンテナンスを定期的に行っているので、家が長持ちしますね。
T様のように、家を大切にする気持ちを見習いたいものですね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント