新城市上吉田H様邸 床張工事

新城市上吉田のH様邸にて、屋根替えに引き続き、中造作を進めています。畳の間の床を撤去して、フローリングにするための床組みを行いました。50年以上前の家を古民家と定義されているのですが、当時の床組は束の間隔が遠くフワフワするような感じがします。そこで、現況の間に束を足して、床のたわみを少なくしました。
仕上げの床材はパインの厚さ30ミリをバーニング(焼き)加工しました。表面を焼くことで、木目が引き立ち、肌触りも良くなります。そして、古民家の雰囲気にとてもとてもよく合います。
yukasetumei.jpg

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント